お問い合わせspaceサイトマップ 検索
技術年表
タイトル
1949 1949 photo 1949年に日本で初めて、紡績機器部品のプラスチック化に成功。コレクターに続き、 スライバーガイド、ボビン等を製品化。
1957 1957 photo 1957年に自動車用コラムブッシュ、オートバイククラッチ用スクリューのプラスチック化に成功。
1967 1967 photo 1967年にカメラボディや精密光学機器、映写機、複写機の機構部品のプラスチック化に成功。
1969 1969 photo 1969年に回転成形法による車両用ガソリンタンクをプラスチック製品化。
1977 1977 photo 1977年にエンジンの高温化に耐える二輪用カウリングをプラスチック製品化。
1979 1979 photo 1979年に自社オリジナル製品として、健康器具用品やマリンスポーツ用品等、他社に 先駆けて開発し、ヒットを記録。
1982 1982 photo 1982年にOA機器、電子機器、情報関連機器等の外部カバー、外装及び内部機構部品の プラスチック製品化に成功。
1989 1989 photo 1989年に日本初のRIM成形法を開発。自動車の大型部品などの一体成形に成功し、 多品種少量生産時代に適応。
1994 1994 photo 1994年からは携帯電話の筐体にまで製品品目を拡大。
2002 2002 photo1 四輪分野を主要戦略的分野と位置づけ、車両機器部門を強化・拡大。
2002 photo2 日本初の超臨界流体(超微細発泡)成形「ミューセル」が量産化。この新技術により、 軽量・超薄肉・低ソリ成型品が実現。※日本で初めてのコピー機用・ケースオイル製品を量産化。
2003 自社独自のブレンド技術による樹脂成型機用「洗浄剤」の開発・販売
  
2004 2004 photo プラスチック成形の可能性を車両ボディに試作・反映させた当社のコンセプトカー「タッカー」 (オールプラスチックボディ)を開発・誕生。
2006 2006 photo 米国EPA規制環境対応の樹脂製フッ化処理ガソリンタンクの量産。
2007 2007 photo 川崎重工業鰍ニの共同開発により、ナイロン製ブロー成形燃料タンクの製品化技術の確立。