お問い合わせ space サイトマップ 検索
事業分野
title
1949年に日本で初めて紡績機器部品のプラスチック化に成功して以来、 カメラなどの精密部品から、自動車ボディといった大型かつ複雑なプラスチック成形品まで、業界を リードする高度な技術力をもとに、夢をカタチにしてきたのがタカギセイコーの歴史です。
 現在、「車両事業」「OA事業」「通信機器事業」の3事業を経営の主体とし、それぞれの事業間で 連携を取り合い、工場間においても互いに協力できる支援体制を取っています。また、高度なソリュー ションを提供できる開発先行型企業として、開発・営業・製造が一体となり提案性豊かな事業展開を 推進し、常にお客様満足度の向上を図っています。
車両事業ヘッダ
日本の基幹産業となった自動車産業の一角に当社が進出したのは、 1957年のこと。以来、回転成形を導入したモトクロス用二輪車のガソリンタンク、エンジンの 高温に耐える二輪車のスタイリッシュなカウリング、四輪車の大型バンパーなども一体成形 できる日本初のRIM成形技術など、常に時代のエポックメイキングとなる製品・技術を生み だしてきました。現在も多種多様な車両部品のプラスチック化を実現し、先駆的役割を果たし 続けています。 車両 photo
OA事業ヘッダ
1980年代から著しく需要が増大してきた、コンピュータ、プリンタ、 複写機、ファクシミリといったOA機器の外部カバー・部品をはじめ、内部機構のプラスチック製品の ニーズにも多彩に対応しています。この分野では、寸法に関する精度、デザイン性を重視した形状など、 プラスチック製品に要求される水準が年々高度になっていますが、このような状況にも、さまざまな特殊 射出成形方法を量産化し、的確に対応しています。 OA photo
通信機器事業ヘッダ
IT時代を先駆ける携帯電話の筺体が主製品となります。この分野は 製品ライフサイクルの短縮化が著しく、生産準備期間は極めて短いものとなります。精度・機能・ デザインなど激しい開発競争が繰り広げられており、プラスチック製品にも他分野とは次元の違う 水準が求められます。この水準に応えるべく、当社は培ってきた技術ノウハウをすべて投入し、 品質向上と納品期間の短縮を実現しています。 通信機器 photo